MEIKO夢ハウス
#長期優良住宅
従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会から、「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」ストック活用型の社会への転換を目的として、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月5日に成立し、平成21年6月4日に施行されました。

「長期優良住宅」に必要な条件は下記のような項目があります。
耐震性
耐震等級2以上または免震建築物など
耐久性
床下空間330mm以上確保、劣化対策等級3相当
可変性
ライフスタイルの変化に応じて間取り変更が容易
維持管理・更新の容易性
内装や設備のメンテナンスが容易
住戸面積
一戸建ては75m2以上、少なくとも一つのフロアの床面積が40m2以上
省エネルギー性
省エネルギー対策等級4以上
居住環境
地域に調和した家
維持保全画
定期的な点検、補修等に関する計画の整備
税制にもメリット

・所得税(住宅ローン控除)<長期優良住宅は限度額が引き上げられる>

住宅の種類 控除対象になる限度額 10年間で控除される所得税と住民税の合計最大額
一般住宅 4000万円 400万円
長期優良住宅 5000万円 500万円
※平成33年12月31日までに入居した場合

・所得税(投資型減税)<長期優良住宅が利用できる>

住宅の種類 特例措置の内容
長期優良住宅 長期優良住宅の認定を受けるための標準的な性能強化費用相当額(上限650万円)の10%を、その年の所得税から控除
※平成33年12月31日までに入居した場合。住宅ローン控除との併用はできない

・登録免許税 <長期優良住宅は税率がさらに引き下げられる>

住宅の種類 特例措置の内容
一般住宅
保存登記
0.15%
移転登記
一戸建て 0.3%
マンション 0.3%
長期優良住宅
保存登記
0.1%
移転登記
一戸建て 0.2%
マンション 0.1%
※平成32年12月31日までに入居した場合

・不動産取得税 <長期優良住宅は課税標準から控除される金額が増える>

住宅の種類 控除額
一般住宅 1200万円
長期優良住宅 1300万円
※平成32年12月31日までに入居した場合

・固定資産税 <長期優良住宅は税額が1/2に減額される減税措置の適用期間が延長される>

住宅の種類 減税措置の適用期間
一般住宅
一戸建て
1~3年間
マンション
1~5年間
長期優良住宅
一戸建て
1~5年間
マンション
1~7年間
※平成32年12月31日までに入居した場合
【フラット35】Sで金利引き下げが可能

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して貸し出す【フラット35】のうち、長期優良住宅ならさらに低い金利が一定期間適用される【フラット35】Sが適用されます。

WOODBOXは長期優良住宅対応住宅です。
長期優良住宅の申請方法や、住宅ローンのご相談までお気軽にお問い合わせください。